よくある質問

アルピカ・サスピカ

マスキングした状態でサスピカ処理は可能ですか?
ICF305までのシール面のマスキングは行えますが、シールやテープを張ってのマスキングは不可能です(薬液が高温で剥がれてしまいます)。
マスキングした状態でアルピカ処理は可能ですか?
サスピカ同様、薬液が高温ですのでマスキングは不可能です。
ヘリサートを挿入した状態でアルピカ処理は可能ですか?
アルピカ処理前にヘリサートを挿入していただいても問題ありません。ただし、磁性の無いSUSのヘリサートに限ります。
アルピカの研磨しろを教えてください。
片側で5〜10μmとなります。外径で10〜20μm小さくなり、内径は逆に広がります。
サスピカの研磨しろを教えてください。
片側で5〜10μmとなります。外径で10〜20μm小さくなり、内径は逆に広がります。
化学研磨(アルピカ・サスピカ等)で表面粗さの調整はできますか?
粗さの改善はできますが、下地の状態に大きく依存します。研磨しろの問題から指定の粗さに調整するのは困難です
 
 
 

炭素鋼・ステンレス鋼 酸洗

不働態化処理とはなんですか?
ステンレス鋼表面に均一で強固な酸化皮膜を強制的に形成させる処理です。
鉄酸洗とパーカー処理の違いは何ですか?
鉄酸洗は「リン酸鉄処理(膜厚1μm以下)」ですが、パーカー処理は「リン酸亜鉛処理(膜厚2〜8μm)」、「リン酸カルシウム処理(膜厚2〜8μm)」または「リン酸マンガン処理(膜厚5〜15μm)」となります。それぞれ特性がありますが、「リン酸鉄処理」は被膜が剥がれにくく、塗装に適した表面状態となります。
脱脂(禁油処理)と禁水処理の違いはなんですか?
禁水処理は、流体が水と接触して発火する場合に指定される処理です。使用目的や用途により、処理内容を検討の上ご提案します。
コストダウンのため、ステンレス配管に白メッキフランジを溶接しますが、酸洗は可能ですか?
酸洗は基本的に不可能です。使用目的や用途により処理内容を検討の上ご提案することとなります。
最大どのくらいの寸法まで酸洗可能ですか?酸洗槽の寸法を教えてください。
槽の寸法は 炭素鋼 8.0×2.0×1.5 m、ステンレス鋼 9.5×2.0×1.5 mです。形状によっては槽に浸漬することが難しいこともありますので、事前に図面等をご提示ください。
フェライト系やマルテンサイト系のステンレス鋼の酸洗は可能ですか?
均一に仕上がらないこともあります。事前にサンプルをご支給いただければテスト致します。
酸洗に最低どれくらいの時間がかかりますか?
材質や形状によって異なりますので、図面等をご提示いただければご回答します。
酸洗を依頼したいのですが、入荷から出荷まで何日間かかりますか?
入荷状況にもよりますが、炭素鋼・ステンレス鋼ともに4営業日(入荷日・出荷日含む)にて対応いたします。
酸洗を依頼したいのですが、どのような方法 (薬液等) で酸洗されていますか?
鉄はリン酸系、ステンレス鋼はフッ硝酸系の薬液を使用しています。
鉄製品を酸洗した後に錆の発生を抑える方法は?
当社の中和処理で多湿時でなければ2〜3日程度は錆を抑えることが可能です。
酸洗後に1週間以上保管が必要な場合、防錆処理をお願いできますか?
防錆油を用意しておりますので、塗布または噴霧することで防錆が可能です。
鉄製品でブラスト・酸洗・塗装までお願いしたいのですが、可能ですか?
同じ工業地帯にブラスト・塗装できる協力会社もありますので、当社の管理で実施可能です。
ステンレス鋼は酸洗処理によってどの程度減耗するのでしょうか?
スケールの状態により異なりますが、片側20 μm〜となります。
鉄製品で塗装を取りたいのですが、脱脂・酸洗で剥離できますか?
塗料によっては薬液に大きなダメージを与えることがあるため、一般的にはブラスト等で剥離した後に脱脂液・酸洗液で洗浄を行います。
鉄とステンレスが溶接されている製品の酸洗方法は?
フッ硝酸系の薬液を用いた場合、鉄材が腐食するためリン酸系薬液(鉄用酸洗液)にて酸洗します。従って、ステンレス部分の溶接スケールは残ってしまいます。形状や用途によってはステンレス部のみペーストによる酸洗を行うことも可能です。
 
 
 

チタン・チタン合金 その他非鉄金属の酸洗

最大どのくらいの寸法まで酸洗可能ですか?酸洗槽の寸法を教えてください。
板材は最大5.0 (m)×1.3 (m)×30 (mm)まで可能です。その他の形状は0.9(m)×0.8(m)×0.5(m)程度までは即対応可能です。形状によっては槽に浸漬することが難しいこともありますので、事前に図面等をご提示ください。
酸洗を依頼したいのですが、どのような方法(薬液等)で酸洗されていますか?
フッ硝酸系の薬液を使用しています。
銅および銅合金の酸洗は可能ですか?
カルシウム等はキレート洗浄で除去します。溶接スケールなどについてはご相談ください。化学研磨で表面をきれいにすることもできます。
アルミニウムおよびアルミニウム合金の酸洗や焼け取りをお願いしたいのですが。
アルミニウム用の薬液は2通り用意しております。用途に合わせて対応致します。
 
 
 

その他(酸洗依頼に関して)

酸洗を依頼したいのですが、本日中に製品を持ち込んでも構いませんか?
製品の持ち込みは前日までに電話・ファックスにてご連絡ください。折り返しご連絡します(取引申請が認可されている場合です)
 
 
 

出張工事

現地に施工済みの配管や製品の洗浄をお願いしたいのですが。
現地にお伺いし状況を確認のうえ、洗浄方法をご提案いたします。
現地ではどのような洗浄ができますか?
基本的に弊社工場で可能な洗浄は現地でも施工可能です。ただし、現場での法規制に関連する物件、コスト高になる物件などもありますので個々にご相談させていただきます。
 
 
 
お電話でのお問合せはこちら
0438-52-3313 クリーンテック事業本部
WEBからのお問合せはこちら
お問合せはこちら