銅・銅合金専用化学研磨/CuCP 変色部の除去や表面汚染物の除去に最適です

銅・銅合金専用化学研磨/CuCP

良好な電気・熱伝導性と加工性から、真空装置にも多用される銅・銅合金。酸化しやすい性質から扱いが非常に困難ですが、三愛プラントの銅・銅合金専用化学研磨では、変色防止剤に有機物を使用していません。したがって装置内の汚染が非常に少なく、良質な真空環境を作り出せます。

 
 
 

銅・銅合金専用化学研磨/CuCP

適用材種 純銅系(無酸素銅,タフピッチ銅),C1700番台(ベリリウム銅)
C5000番台(リン青銅),C2000番台(黄銅,真鍮)※
※C2000番台は酸洗肌となります。※その他の材種は、テストいたしますのでご相談ください。
標準研磨しろ 5 μm以上
処理可能サイズ ご相談ください。(即対応:最大長 400 mm)
 
 
 

処理例

処理前→処理後
処理前
熱処理により全体が強固に酸化しています。
 
 
 

CuCP適用事例

東京大学宇宙線研究所。有名な神岡鉱山跡地下で暗黒物質探索計画「XMASS」実験が進行しています。装置心臓部の液体キセノン封入検出器の表面処理を行いました。

 
 
 
お電話でのお問合せはこちら
0438-52-3313 クリーンテック事業本部
WEBからのお問合せはこちら
お問合せはこちら